茜霧島(あかねきりしま)




お待たせしました‼︎
「茜霧島」大量に入荷しました‼️

フルーティな焼酎は数あれど、
柑橘系フルーツの香りがする焼酎は、
おそらく茜霧島だけじゃないでしょうか?
百聞は一見にしかず、
大変希少な焼酎です。
ぜひ、この機会に飲んでみて下さい^_^

アンコウの肝。

昨夜、晩ご飯はお鍋でした。
あやまって、iPhoneをお鍋の中に チャポン‼︎

まだ少し残が残っているのに、iPhone6に機種変更…
嬉しいやら、悲しいやら^_^;


アンコウの肝を、仕入れました。



薄皮などを取り除き、塩をしてしばらくおきます。
水洗いをして、牛乳にしばらく漬け込みます。




こうする事で、肝の臭みが抜けます。

形を整えて、蒸し器で蒸しあげます。

そのままポン酢をかけてもよし、鍋に入れてもよし。
料理は、下ごしらえが大事ですね〜^_^


のどぐろ入荷。

今日は冷え込みましたね〜。
今年も残すところあと1カ月をきりました。

忘年会の予定は決まりましたか?
うちのお店は、まだまだ空いております(^_^*)

この寒気のせいで、海がしけこみ、魚の入荷が少ないです。
そんな中、鮮度の良い「のどぐろ」が入荷しました。
一昔前は、幻の魚なんて言われてましたが、最近は、メジャーになりましたね。
「白身のトロ」
と、言われるくらい、ほぼ一年中脂が乗った魚です。
それなりのお値段はしますが、街の料理屋さんよりは安くいただいてもらえると思います^_^




本マグロ。




最近、ニュースで話題の黒マグロです。
詳しい事は分かりませんが、日本の食卓から「マグロ」が、消える事はありえないでしょう。

ちなみに、黒マグロと本マグロは同じ魚です。
あと、南マグロとインドマグロも同じ魚です。
黒マグロと南マグロはよく似た魚で、腹身の部位、すなわち「トロ」は料理人によって好みが分かれます。



「トロ」が取れるマグロはこの2種類で、他に、キハダ、メバチ、ビンチョウ、カジキなどと言うマグロの種類があります。


昔、江戸時代では、マグロは赤身しか食べず、トロは「脂っこい」から捨てていたとのことです。
「こんなの食えね〜よ〜!」てなもんでしょうか^^;
冷蔵技術などなかった時代なので、よけいでしょうね。

余談ですが、トロは刺身で食べるより、にぎって食べるほうが美味しいのかなと^_^

今日の仕入れ。




今日仕入れした中の一部です。

前どれの「まながつを」
刺身に出来るほどの鮮度があります。
これを、三枚におろして塩をあて、地元の「小松屋」さんから仕入れて味付けしたあら味噌に2日ほど漬けこみ、西京焼きにします。

香住の「せこがに」
これはもう、好きなようにせせってしゃぶって食べて下さい‼︎ (爆
言っていただいたら、食べやすく調理します^_^

今週末は、3連休ですね。
24日月曜日は、定休日の為、休ませていただきます(._.)

くもこ

昨日は定休日でして、子供が学校が代休で休みの為、近くに釣りに行ってきました。
結果は、ボウズ…でしたが、
子供がタモでチヌをすくいました^^;



でも、海にお帰りいただきました。





「くもこ」とは、タラの白子です。
湯引きにしてポン酢でもいいし、
お鍋に入れたら主役級‼︎

今から寒さがましてくると食べごろです。

朝晩、すっかり寒くなってきました。
市場に並ぶ食材も、冬模様。
季節感を感じます^_^

産地直送たまご❗️





当店で使用している卵です。
神奈川県の「小川フェニックス」さんの
「鳳凰卵」(ほうおうらん)
と言う卵です。
だし巻き、茶碗蒸しはもちろん、
かつをと昆布を効かせた自家製
「土佐醤油」をかけて食べる
「たまごかけごはん」
人気です!
これから夏にかけて食欲がおちる
と言う方、いかがでしょうか^_^

金目鯛。

ご無沙汰デス(~_~;)

ニフティのブログ、ようやくスマホで写真をアップすることが出来ました。
(もっと前から出来てたんでしょうけど、僕がスネてました(-_-)
ココログアプリも、バージョンUPした途端使えなくなるしデ)

グチはこの位で、
立派な金目鯛デス。
関西ではあまり馴染みのない魚デスネ。
関東では大変好まれます。
頭はあら炊き、身は味噌に漬け込み最強イヤイヤ西京焼きに。


Image


季節も移り、食材も色とりどりな華やかな時期になりました。
今年はお花見も早そうですね。
行楽弁当も承っております(^_^)

2011年、いわがき入荷しました。


今年も「天然いわがき」入荷しました。
昨年は、ちょっと小ぶりでしたが、
今年の出来はどうでしょうか?
なんせ、天然物なので…

最近は、養殖のいわがきが多く出回るようになり、
お手頃に、夏のかきを楽しめるようになりました。

ですが、天然物は、相変わらず希少です。
日によって、入荷のない時があります。
いわがきを目的のお客様は、TELを!

(野口英世さんと、大きさを比べてみてね)bleah

坂越のカキ

明日から12月、今年もわずかとなりました。

季節も変わり、旬の食材が豊富になってきます。

フグ、カキ、白子、カニ等々……

最近テレビでもよく取り上げられている、「坂越のカキ」

加熱しても小さくならない、大変味の良いカキです。

うちのお店のカキ料理、メニューにいくつか載せてますけど、

基本的に、冬のカキは「生」では出しておりません。

でも、言ってもらえば「酢ガキ」、お出しできます。

なぜ、生で出さないのか?衛生的な問題ではありません。

気になる方はお店で……

 

冬のカキは、いろんな料理に活躍します。

「カキの茶碗蒸し」

うちの人気メニューです。

茶碗蒸しにカキがたっぷり入っているんですが、

その上に○○杏がかかっています。

くろーいあんかけ茶碗蒸し、さてなんでしょう?

  

坂越のカキ、常に入荷してます。

  

北海道産、本ししゃも(メス)も入荷してます。

こちらもメニューには載っておりません。

「おススメなに?」お気軽にお尋ね下さい。

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック